がんばるせろな(仮)

夫のバルセロナ留学についてきた30代。コロナ禍のスペインをじたばた生きてます

「いいよいいよ」は良いのか悪いのか

 スペイン語No hace falta... (ノー•アセ•ファルタ)という表現がある。「~は必要ない、足りている」という意味だが、それだけの意味ではない。

 かなり前、スペイン人の友達に「今度遠出するから何かお土産買ってくるよ。希望はある?」とテキストメッセージで聞いたときのこと。"No hace falta!"と返事が返ってきた。初めてみる表現だったので辞書を引くと「不要だ」という意味だった。こちらの人は自分の意見をストレートに言うものだと思っていたこともあり「そっか、いらないのか…」とションボリしつつ引き下がった。

 それから数か月たち、今度は別のスペイン人の友人と話していて、"no hace falta"という表現の話題が出た。日本語が超堪能な彼によると、「遠回しに『ありがとう』って言っている場合もあるんだよ。日本チックな言い方でしょう」とのこと。

 サプライズプレゼントをもらったときなどに言うそうで、この場合のニュアンスは「(私のためなんかにお金や時間や労力をかけなくても)よかったのに!」みたいな感じだろうか。超衝撃。2tハンマーでも落ちてきたかな?と思った。本音と建前、スペインにもあるんじゃないの!

 私のケースは「そんなお気遣いいらないよ(でもありがとね)」と言っていた可能性があるのか。かなり恥ずかしい思い違いをしてしまったかもしれないのか!うああ。

 

 たしかに怪しいとは思っていた。スペイン語の恩師たちにちょっとしたお土産を渡した時にも¡No face falta!的なことを言われたが、本気で断るそぶりもなく即包みを開けにかかっていたから。そして次の瞬間「気に入ったありがとう!」って中身見る前に食い気味に言っていたから。そうか、これは礼儀だったんだ。正直すまんかった。

 

 更に別の知人にも聞いてみた。やはり「いらん(いらん)」と「いいのに~(でもありがとう~)」の2パターンがあり得て、その人との関係や声のトーン、表情で判断するそうだ。テキストメッセージのやり取りだったら絵文字で判別するとのこと。ちなみに私のケースでは絵文字がついていなかったので、不運な事故だったと思いたい。

 このニュアンスをほかの言語に訳すのは難しいそうで、おそらくスペイン語的な表現なのだろう。こういう「ほかの言語にしがたい」とネイティブが言う表現は大事にしたい。

 というわけで「いらん」「いいのに」の両方になりえるような仮訳として「いいよいいよ」的な表現だと理解することにした。そして必ず表情で判断しなければと心に刻んだ。

 

 と、これを書き終えかけたタイミングで友人から「小旅行から帰ってきたから今度お土産渡すね」と連絡が。その旨夫に伝えると「え、受け取れないよ」との返事。じゃあ断るの?と聞いたら「いやありがたく頂くけど…」と曰う。君もノー•アセ•ファルタ族か。状況がピッタリすぎて笑うしかない。

 次からどんどん使って、この経験の元をとりたい。